光の降る家

隣家が近く、敷地の形状から南北に長い建物となってしまい、通常であると1階の室内に光が入りにくい条件が揃っている。
しかし、吹き抜けを設けたリビングには空を切り取ったような高い位置の窓から光が降り注ぎ、建物北側にあるキッチンは2階廊下の天窓から入る日光がガラス張りの床越しに柔らかい光となり照らします。
仕事部屋となるアトリエやバルコニーに通じる渡り廊下など必要な機能を生活のリズムとなるように配置し、日々の生活が明るくなる住まいを目指した。

▼画像クリックで拡大できます

↑PAGE TOP