通り抜ける家

住宅街にある築40年程の住まいをリノベーション

小さな部屋でたくさん区切られていた間取りを
家族がゆったりくつろげる大らかな空間を作り
生活動線・家事動線を整理して
回遊性のある間取りとした

何年後かに生じる材料の変化にもこだわり
風化や「朽ち」が味わいとなる住まいとした

▼画像クリックで拡大できます

↑PAGE TOP